ICカードの仕組み!個人の履歴が一発で特定できる秘密とは?

毎日使っているICカード。パチンコ店が全ての情報を把握している事実を皆様はご存知でしょうか?

 

お金を投資して、残金があればICカードまたはICコインに自動で変換されます。

そのカードを普段、意識することはまずありませんよね?

 

そこに隠された秘密を大公開していきます。

目次

ICカードまたはICコインの秘密

パチンコやスロットにお金を投入する機械のことを、サンドユニットと言います。

略してサンドということが一般的ですが、ユニットと使う場合もあります。

 

そのサンドユニットにお金を入れた後に、100円でも200円でも使用した後に返却ボタンを押すと、カードまたはコインになって返却されます。

台移動をするときに持ち運ぶあのカードのことですね。

 

今回の記事では、そのカードに隠された重大な秘密を公開していきます。

サンドユニットの仕組みを理解しよう

サンドユニットの中にはICカードといわれるものが10枚程度入っています。

これは、使用する機械もしくは枚数の設定にもよるので違いはありますが、その程度は入っています。

 

お客様が台に座り、遊技をして移動をされる場合、もしくは交換で帰られる場合に、残金があればICカードで返却される為、一枚消費することになります。

 

そうすると、サンドユニットの中の枚数が減り、遅かれ早かれ店員がサンドに情報が入っていないカードを補給します。

ただ、カードを入れる単純な作業です。

 

このカードがサンドに入っていない場合、お札が入らない仕組みになっています。

返却ができないからという理由ですね!

 

ちなみに、サンドのカード枚数が上限に達していた場合、今度はカードが入らないので、台移動ができないことになりますね。

 

その場合は、店員さんにカードの枚数を調整して頂かないといけません。

お札の投入は可能です。

パーソナルシステムでは2つの情報が蓄積される

パーソナルシステムという言葉は、今となれば誰でも知っている時代へとなりました。

簡単に説明すると、ドル箱という出玉の入っている箱から、ICカードへ変更し、利便性を図ったものです。

 

これにより、店員の仕事の量が減り、接客や様々なサービスに力を入れることが可能になりました。

正直にいうと、人件費の削減が大きな理由なんですけどね…

 

で、このパーソナルシステムという言葉は、各台計数機と呼ぶことも多いですね。

 

今までのパチンコやスロットでいうと、出玉の入った箱を店員が交換をしなくてはいけないのですが、各台に計数機があるため、店員を呼ぶ必要がなくなりました。

 

よって、台移動がスムーズになったり、交換にかかる時間をカットすることができ、お客様にとっては、とてもありがたいサービスの一つです。

 

パーソナルシステム(各台計数機)の場合、玉の情報と残金の情報の2つが一枚のカードに記録されます。

それにより、台移動した場所でも、出玉のみの遊技が可能となるのです。

ICカードの裏面に記載されている番号とは?

どんなカードでも、裏面に番号が書かれていることはご存知だと思います。

銀行系のカードであれば、表面になりますが、パチンコ店の場合は、裏面に書かれているケースが多いです。

 

この番号には、隠された秘密があり、
そのカードの全ての履歴が一発で特定できるんです!!

 

よって、投資金額と出玉の情報がわかり、紛失した場合や、盗まれた場合等に確認をすることが可能となります。

 

カードを無くした場合などは、他のお客様が使用しないようにすることや、また精算ができないようにすることも可能です!

つまり、早い段階で店員にその事実を知らせてくれれば、安心しても大丈夫ということです。

 

ちなみに、精算できないようにしたカードを使用した場合、ホールコンピュータやICカードを管理しているコンピュータが警告をしてくれます。

まとめ

カードの紛失や盗難は、週に何度か発生することが多いです。

店員にとっては、毎日起きているような感覚にもなるちょっとしたイベント的なものですね。

 

お客様の中には、店員に伝える勇気がない方もおられますが、今の店員さんは非常に優しい方が多いので、そこは勇気を出して声をかけて頂けたらと思います。

 

お金に関わることなので、店員もしっかりとした応対をしてくれます。

ただ、唯一の欠点は、時間を頂くことが多いので、打ちながら待つことが良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる